群馬県 伊勢崎市 学童保育 放課後児童クラブ うえはす児童クラブHOP 児童の安全を守ります。

規定

うえはす児童クラブHOPⅠ・うえはす児童クラブHOPⅡ  運営規定

【事業の目的】 第一条 うえはす児童クラブHOPⅠ・Ⅱ(以下「事業所」という。)は、児童福祉法(昭和22年 法律第164号)第6条の3第2項に基づき、放課後児童健全育成事業を行うことを目的とする。

【運営の方針】 第二条

(1)事業者は、保護者が労働、疾患、家族の介護等により昼間家庭にいない小学校に就学している児童(以下「利用者」という。)を対象として、放課後や学校休業日に、健全育成の向上を図る事を目的とする。

(2)事業者は、利用者の人権に十分配慮すると共に、一人一人の人格を尊重して、その運営を行わなければならない。

(3)事業者は、地域社会との交流及び連携を図り、保護者及び地域社会に対し、当該事業者が行う放課後児童健全育成事業の運営の内容を適切に説明するよう努めなければならない。

(4)事業者は、その運営内容について、自ら評価を行い、その結果を公表するよう努めなければならない。

(5)前4項の他、事業者は、児童福祉法、「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(平成26年厚生労働省令第63号)」・「伊勢崎市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例(平成26年伊勢崎市条例第34号)」に定める内容のほか関係法令等を遵守し、運営に取り組むものとする。

【事業所の名称等】 第三条 事業所の名称及び所在地は次のとおりとする。

(1)名称:うえはす児童クラブHOPⅠ・うえはす児童クラブHOPⅡ
(2)所在地:伊勢崎市昭和町3907

【職員の種類・員数及び職務の内容】 第四条 事業における職員の種類、員数(※通常平日の配置数)及び職務の内容は次のとおりとする。

(1)事業所には、放課後児童支援員を配置する。放課後児童支援員の数は、支援の単位ごとに2人以上とする。但し、その1人を除き補助員(放課後児童支援員が行う支援について放課後児童支援員を補助する者)をもってこれを代えることができる。

(2)職員が行う職務の内容については以下のとおりとする。
・児童の健康管理、安全確保及び情緒の安定に関すること。
・遊びの活動への意欲と態度の形成に関すること。
・遊びを通じて自主性、社会性及び創造性の向上に関すること。
・児童の遊びの活動状況把握と家庭への連絡に関すること。
・日々の子どもの状況や育成支援の内容を記録すること。
・職場内で情報を共有し、事例検討を行って、育成支援の内容の充 実、改善に努めること。
・児童の育成支援、行事の企画実施、保健管理、施設管理、保護者 や学校との連絡、調整。
・関係機関地域団体等の連絡、調整。 ・事業内容向上のための研修、情報の共有。等

【開所日及び開所時間】 第五条 事業所の開所日及び開所時間は、次のとおりとする。

(1)開所日    開所日については、以下に定める休所日を除いた日とする。
ア 日曜日
イ 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
ウ 12月29日から翌年の1月3日までの日
エ 8月13日から8月15日までの日

(2)開所時間
ア 平日 :10時から19時30分まで(9時間30分)
イ 土曜日:7時30分から18時30分まで(11時間)
ウ 祝日 :7時30分から18時30分まで(11時間)
エ 長期休暇(平日):7時から19時30分まで(12時間30分)

事業者は、特に必要があると認めたときは、前項の規定にかかわらず、臨時に開所日に閉所し、若しくは開所日以外の日に開所し、又は開所時間を変更することができる。この場合、あらかじめ保護者に周知するものとする。

【支援の内容】 第六条 事業所で行う支援は、小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等により昼間家庭にいないものにつき、家庭や地域との連携の下、発達段階に応じた主体的な遊びや生活が可能となるよう、当該児童の自主性、社会性及び創造性の向上、基本的な生活習慣の確立等を図り、児童の健全な育成支援を図るものとする。※「放課後児童クラブ運営指針」第1章3,第3章1参考

【保護者が支払うべき額等】 第七条 保護者から徴収する額は、次に掲げる額とする。

(1)基本利用料:¥10,000-(月額)
(2)おやつ代: ¥1,000-(月額)
(3)長期休暇分:春4月¥5,000- 夏8月¥10,000- 冬12月¥5,000-(その月の利用料に加算して集金)
(4)延長利用料:(平日)18時から¥500-/時 (休暇日)16時から¥500-/時(前月21日~当月20日で算出)
(5)土曜日利用料:¥1,200-/日 延長利用料16時から¥500-/時(前月21日~当月20日で算出)
(6)入会金:¥5,000-(入会時)
(7)年間保険料:スポーツ安全協会掛け金¥1,115-/年
(8)冷暖房費:¥5,000-/年

保護者負担額及び前項の実費は、事業者の指定する方法によるものとする。

【利用定員】 第八条 事業所の入所定員は、おおよそ70人とする。

【うえはす児童クラブHOPⅠおおよそ40名・うえはす児童クラブHOPⅡ おおよそ30名】

【事業所の面積】 第九条 事業所の面積は、380.36㎡ とする。

【うえはす児童クラブHOPⅠ 74.75㎡・うえはす児童クラブHOPⅡ 66.4㎡】

【通常の事業の実地地域】 第十条 通常の事業の実施地域は殖蓮小学校区とする。ただし、これを超えて利用することを妨げるものではない。

【事業所の利用にあたっての留意事項】 第十一条 保護者は、事業利用にあたっては、次に掲げる内容に留意すること。

(1)利用者が欠席をする場合には、保護者は必ず事業所に届け出ること。
(2)書類等提出日の指定されているものは、期日までに事業所に届け出ること。

【緊急時及び事故発生時等における対応方法】 第十二条 緊急時及び事故発生時における対処方法について、各事業所で作成したマニュアルに別途定めるものとする。

【非常災害対策】 第十三条 事業者は、危機管理マニュアルを定め、日頃から安全管理、安全指導、危機対応に取り組むものとする。

【苦情解決】 第十四条 事業者は、その行った支援に関する利用者又はその保護者からの苦情に迅速にかつ適切に対応するために、苦情を受け付けるための窓口を設置する等の必要な措置を講じなければならない。

【個人情報の保護】 第十五条
(1)職員は、正当な理由がなく、その業務上知りえた利用者又はその家族の秘密を漏らしてはならない。
(2)事業者は、職員であったものが、正当な理由がなく、その業務上知りえた利用者又は、その家族の秘密を漏らすことがないよう、必要な措置を講じなければならない。

【虐待防止に関する事項】 第十六条 事業者及び職員は、利用者に対し、児童福祉法第33条の10各号に掲げる行為その他該当利用者の心身に有害な影響を与える行為をしてはならない。

【職場倫理】 第十七条 法令を遵守するとともに、以下に掲げる職場倫理を自覚して職務に当たるように組織的に取り組むこと。

(1)子どもや保護者の人権に十分配慮するとともに、一人一人の人格を尊重すること。
(2)児童虐待等の子どもの心身に有害な影響を与える行為を禁止すること。
(3)国籍、信仰又は社会的な身分による差別的な扱いを禁止すること。
(4)守秘義務を遵守すること。
(5)関係法令に基づき個人情報を適切に取り扱い、プライバシーを保護すること。
(6)放課後児童支援員等が相互に協力し、研鑚を積みながら、事業内容の向上に努めること。
(7)保護者に誠実に対応し、信頼関係を構築すること。
(8)事業の社会的責任や公共性を自覚すること。

【その他運営に関する重要事項】
第十八条 事業者は、職員の資質の向上のために研修の機会を設けるものとする。

(1)事業者は、職員、設備、備品及び会計に関する諸記録を整備し、市が定める期間、保存する。
(2)この規程に定める事項の他、運営に関する重要事項は必要に応じて、保護者に周知するものとする。

附則   この規程は、平成30年4月1日から施行する。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-7230-2279 受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © うえはす児童クラブHOP All Rights Reserved.